shun's blog

日常をゆるく綴っています。特に読書/映画/野球/旅が好きです。

本 阪急電車

今回読んだ本は、有川浩さんの「阪急電車」です。

本作は、鉄道の駅と駅で起こる、側から見れば何の変哲も無い日常。しかし、当人にとってはそれぞれのアクションに独自の物語も持ち、歩んでいます。

そんな人々達の物語1つ1つに焦点を当てることで、見えてくる世界があります。

連作短編になっていて、1つ1つのエピソードも、登場人物の素直なありのままの姿を映し出してあり、微笑ましく、心が温まります。

偶然、同じ電車に乗り合わせた乗客同士が、人生における重大な決断の種を貰ったり、ほんの少しの些細な成長の鍵を見つける姿は、読者にそっと勇気と元気を与えてくれます。

関西を走る阪急電車内で生み出される、人と人との暖かい繋がりが、ポップにリズミカルに、そしてユーモアに描かれた、そんな作品でした。