shun's blog

大学生です。日常をゆるく綴っています。特に読書/映画/野球/旅が好きです。

今年初の草野球!ほろ苦い開幕戦で得たもの。

今日は、2020年の初めての草野球でした。

 

 

 

チーム自体としては、本日の試合で、年明けから4戦目でした。

 

 

 

ということで、今日は1月はなかなか予定が合わなかった僕の開幕戦です。

 

 

 

 

 

 

 

結果から言うとですね、本日は2連敗でした。完敗でした...

 

 

 

 

去年の最終ゲームは、ホームランで終えたので、気持ち的には良い感じだったのですが、1打席目、打席に入って「あ、これ今日やばいわ。」ってなりました。

 

 

 

案の定、タイミングが合わず、体は開くわで、ヒットは0本に終わりました。

 

 

 

また、今日はダブルヘッダー(2試合連続)だったのですが、どちらの試合でも成績は振るいませんでしたし、内容も良くありませんでした。

 

 

 

 

また、守備でも今日は散々でした。

 

 

 

今日のゲームは、正捕手が不在だったので、僕が2試合ともマスクを被ったのですが、ピッチャーの持ち味を生かし切ることが出来ずに、単調なリードになってしまいました。

 

 

 

 

いやぁ、キャッチャーってむずいですね。

 

 

 

 

てか、野球ってやっぱり、難しいです。

 

 

 

簡単には打てないし、勝てないです。

 

 

 

けど、逆にこれが野球の最大の面白さなんだと思います。

 

 

 

試行錯誤して、準備した多くの方法を試しても、上手くいかないことの方が多い。

 

 

 

10打席の内3打席ヒットを打てれば、優秀。

 

 

 

エラー無しでゲームをするのも、四死球を出さずに投げ切るのも、めっちゃ難しい。

 

 

 

 

それでも、不完全ながらでも、試合に挑んで、勝利を掴みにいく。

 

 

 

 

 

泥臭く、一生懸命に頑張ってプレーする精神を雑草魂と言いますが、野球そのものが雑草魂を体現するスポーツだと思います。

 

 

 

もちろん、他のスポーツも計り知れない難しさがあると思いますが、野球はその中でも、上手くいかないスポーツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今、僕の所属している草野球チームは、野球未経験の方や少しやってたくらいの40歳以上の方がほとんどです。

 

 

 

みなさん、野球が好きという理由で、毎週草野球をしている方々です。

 

 

 

 

そのような中に、僕は友人に誘われて入部したのですが、やはり当初、少し自分への傲りがありました。

 

 

 

小学校から高校まで本格的に野球をしてきて、草野球はそんなに本気でやらなくても、まあ何とかなるだろう、くらいの気持ちもありました。

 

 

 

 

けど、試合に行く度に、自分の下手さと周りのチームメイトの野球に対する貪欲な向上心を目の当たりにして、今のままではダメかも知れないと思い始めていました。

 

 

 

 

そして今日の試合ではっきりとそれを確信しました。

 

 

 

これは、草野球というれっきとしたスポーツで、本気で勝ちに来ている人は、こんなにも強いのか、こんなにも圧倒されてしまうのかと。

 

 

 

 

どうすればもっと速い球が投げられるのか。

どうすればもっと変化する球を投げれるか。

どうすればもっと打球を飛ばせるのか。

 

 

 

 

などなどを、真剣な顔でひたすらに語り合うおっちゃん達は、とてもキラキラしていて、輝いていて、強かった。

 

 

 

 

僕は、まだまだ未熟だなぁと感じました。

 

 

 

 

 

野球についても、人生についても、もっともっと学ぶことがあるし、その探究には終わりは無いと思います。

 

 

 

 

そんなことを、草野球は僕に教えてくれます。

 

 

 

 

 

何が言いたいかって、

 

それは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

草野球、すごくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路地裏にひっそりと佇む名店、脳天を突く味に僕はひれ伏せた。〜もつ鍋編〜

先日、友人との新年会でもつ鍋を食べに行きました。

 

普段の集まりは、新宿の安居酒屋ですが、「たまには美味しいもの食べよう」ということで、福岡県民の性でもつ鍋へ行くことにしました。

 

 

選んだお店は、

 

 

代官山にある名店蟻月

 

代官山駅から徒歩5〜6分で、お洒落な洋服屋さんが立ち並ぶ通りから脇道へ。暗くて、怪しい雰囲気さえある路地裏に蟻月はあります。

 

 

f:id:animalbaseball:20200204155509j:imagef:id:animalbaseball:20200204155534j:image

 

 

隠れ屋的な外観で、お洒落だけど落ち着く、そんな雰囲気がありました。

 

 

お店に入ると、木を取り入れた穏やかな内装で、ノスタルジックな空気で、安心感を与えてくれました。笑

 

 

 

 

そして2階の座敷へ。2つの机がある半個室の部屋で、広々としていながらも落ち着く部屋でした。

 

 

 

 

メニューを開くともつ鍋の種類がいくつかありました。僕たちが注文した味は、赤だしと白だしのもつ鍋で、赤だしは醤油ベースのメリハリのある王道スープで、白だしは味噌ベースの濃厚なスープでした。

 

 

 

また、一品料理も3つ注文しました。

 

うずらと酢もつ、そしてホタルイカの赤ワイン漬けです。

 

f:id:animalbaseball:20200204160450j:image

 

特に、写真の1番下にある、ホタルイカの赤ワイン漬けは、赤ワインのまろやかな甘味と渋味、ホタルイカの塩味と食感が全て調和していて、かなり美味しかったです。食べてくださいね!

 

 

 

 

そしてメインのもつ鍋。

 

ガスが机に1台しかないので、1つずつ来ました。まずは赤だしのもつ鍋です。

 

f:id:animalbaseball:20200204160818j:image

 

醤油ベース最高です。優勝しました。美味い。

 

 

 

 

続いて、白だし

 

f:id:animalbaseball:20200204160929j:image

 

濃厚なスープに溺れました。これも優勝。美味すぎです。

 

 

 

下手な色レポなんかより、「優勝と美味い」で伝わりますよね?

 

 

本当美味しいんですよ。

 

 

 

 

 

そして、背徳感たっぷりの締めのちゃんぽん。

 

f:id:animalbaseball:20200204161134j:image

 

こちらは赤だしでちゃんぽんしました。麺にスープが絡まりまくって、旨味の暴力でした。

 

 

 

もう一つ白だしのほうで雑炊もしたんですけど、写真ないです!ごめんなさい。

 

 

雑炊も美味しかった。

 

 

 

もつ鍋屋で働いている友達曰く、醤油ベースなら麺で、味噌ベースなら雑炊の方が相性が良いみたいですよ!まあ、好きなので食べてください。笑

 

 

 

 

 

こんな感じで、ただただ幸せな2時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

安居酒屋でわいわいがやがや飲んだくれるのも楽しい。けど、たまにはちょっと背伸びして、のほほん顔でのディナーも良いですね!笑

 

 

 

 

 

なんてね。みなさんもよかったら行ってみてくださいね!!

 

 

 

 

ではまた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私の勉強法」について書いてみる

はてなブログのお題であったので、

 

 

 

「私の勉強法」について書いてみます。

 

 

 

勉強法を教えるって言うと、すごく高圧的で、自分は偉いんだ!みたいな雰囲気になるのですが、

 

 

 

僕自身、勉強に対する姿勢は、昔は斜に構えていてむしろ苦手なものでした。

 

 

 

勉強なんてするよりも、部活!部活!って考える高校生でしたし、いざとなればなんとかなるだろうって思ってました。

 

 

この、「なんとかなる」って思う事自体は全然否定はしなくて、大事なのは、そのいざという時に自分の中で確立した勉強法があるか、だとおもいます。

 

 

 

僕はこの、自分の中でこうしたら頭に入りやすいっていう確立した勉強法を、高校時代は知りませんでしたし、見つけようとも思わずにただがむしゃらにやってました。

 

 

 

がむしゃらにやるのも、圧倒的に量をこなしていたら何とかなるのかも知れません。

 

 

 

 

けど僕は、その量もやりきれなかった高校時代だったので、大学受験は失敗してしまいました。

 

 

 

けど、現役時代に受験を失敗して、浪人して、勉強に対する姿勢が全く違うものになったので、今思えばラッキーだなとおもいます。

 

 

 

親には迷惑をかけてしまいましたが...まあ、その分、今までの恩もこれから返していくぞ!ってモチベーションになってます。笑

 

 

 

 

長々とした導入になってしまいましたが、大事なのは自分にあった勉強法を見つけることなんだと、浪人時代に学びました。

 

 

 

それで、今から僕の「勉強法」を書くんですけど、

 

 

はじめに言っておくと、絶対的な勉強法は無いし、人によってそれぞれだと思います。

 

 

 

 

それを踏まえて、「ふーん、そうなんやね。」くらいの気持ちで見てください。笑

 

 

 

 

 

僕の勉強法はめっちゃシンプルです。笑

 

 

 

 

「テキストを何回も繰り返し読むこと」

 

 

 

です。

 

 

 

これだけだと、

 

 

 

「なんだよ!当たり前じゃん!」

 

 

 

ってなるので、少し補足していきますね!

(まあ、補足しても当たり前やん!ってなるかもですが笑)

 

 

 

 

僕はある科目の勉強をする時、教科書を最低でも3〜4回は読みます。テキストの難易度によりますね!何周するかは!

 

 

 

 

そこで、テキストを読む際に意識してることを事例としてあげていきます。

(この例では、テキスト5周したと仮定します!)

 

 

 

【事例】

 

1周目は「よく分からん!」けど、とりあえず読み進めてみる。

 

 

2周目も「やっぱここよく分からん!」けど、それでも読み進める。

 

 

そしたら3周目になったら、「あれ、もしかしてこういう意味?かも」みたいになります。

 

 

4周目、「内容を図として書き起こせたり、別の事例の時はこうなるのかな?」みたいなアウトプット的な思考になってます。

 

 

5周目になると、「え、めっちゃ解る。これ論述とかでもかけるわ。」ってなります。笑

 

 

 

 

まあ、だいぶゆるい例でしたが、イメージはこんな感じです。笑

 

 

 

 

要するに、

 

 

 

 

<ステップ1>

1〜2周目は、全体像をある程度掴んで、地図をゲットするって感じです。

 

 

 

<ステップ2>

3周目には、自分が地図のどこにいて、ここにはこれがあり、あそこにはあれがある。ってのが掴めてきて、

 

 

 

<ステップ3>

4周目は、どこにどのアイテムがあって、それぞれのアイテムの使い方を理解して、自分のものになっていくイメージになって、

 

 

 

<ステップ4>

5周目に、アイテムを駆使して強化された自分になってて、出てくるモンスター(問題)と戦えるだけの力を得ている。

 

 

 

こんな感じです!

 

 

 

余計に分かりづらくなったかもですね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

とうことで、これが僕の基本的な「勉強法」なんですけど、これを応用させたりすることもあります!

 

 

 

まあ!最初にも言った通り、勉強法は人それぞれ違うので、皆さんのおすすめの勉強法とかあったら、教えてください!

 

 

 

 

 

 

僕が今、試験期間だから「書いてみるか!」ってなって書きました。笑

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ

大人が観たい、伝説のアニメ「BANANA FISH」

今回紹介するのは、

 

 

アニメBANANA FISHです。

 

 

BANANA FISHは、ニューヨークの少年らからなるギャングとマフィアとのある情報をめぐる争い、またギャングを束ねる17歳のアッシュと日本から取材のアシスタントとして渡米した19歳の少年英治(えいじ)との固い絆を追ったストーリーです。

 

 

 

このアニメ、一見ごりごり格闘系・ヤクザ系の作品で、アクションばっかりの青年・少年向けのように感じます。

 

 

 

が、なんと原作は別冊少女コミック

 

 

※『別冊少女コミック』1985年5月号〜1994年4月号にて連載された(1994年6月号、8・9月号、1995年1月号にて番外編掲載)。コミックス全19巻、文庫版全12巻(内番外編1巻)。

 

 

 

「なんでこのようなマフィア絡みの漫画が少女コミックに掲載されたんだ」って疑問に思う方も多いと思います。

 

 

 

けど、アニメ観たら即納得できます。

 

 

 

BANANA FISHは、ただの血生臭いニューヨークのギャングとマフィアの抗争を描いた作品ではありません。

 

 

 

このアニメは率直に言うと、重たくてシリアスで、かなりショッキングな内容が結構出てくるし、それがストーリーの重要な要素になっています。

 

 

 

僕がBANANA FISHを観て思ったことは、

 

 

 

綺麗な映像のアニメなのに、内容はドロドロとした闇を描いている。

 

 

 

しかしその闇に射す希望の光。その光に導かれるように物語が進んでいく様は、1種の青春アニメでした。

 

 

このように1つの作品の中で、社会の闇に鋭く切り込み、ニューヨークのギャング抗争としてのアクション要素も入れつつ、主役である少年たちの成長を表現していることが、観る人に認知的不協和を与えます。

 

 

けれど、この清濁併せ呑むかのような感覚が唯一無二のオリジナリティを出しているな、と感じます。

 

 

 

とりあえず、ストーリーの振り幅が激しくて、感情がおかしくなりそうで、でもその感情が激情的になるっていうよりは、静かに胸を締められてるって感じです!

 

 

この感覚は観てみないと分からないし、1度観て、体感してほしいなぁと思います。

 

 

 

愛ってなんだろう、友情ってなんだろう、人を信じることってなんだろう、人として最低限の生きる権利とはなんだろう。

 

 

そんなとこまで、考えさせられるアニメですし、「アニメなんて少し子供っぽいな」と思う方こそ1度観てほしい作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衝撃のラストにあなたは何を思うでしょうか。

 

 

 

 

以下にBANANA FISHの公式サイト載せてます!クリックしたら観たくなるから、お気をつけて!ではまた!

↓↓↓↓

TVアニメ「BANANA FISH」公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020、明けましておめでとうございます

皆さん、明けましておめでとうございます。

 

2020年を迎えてから、すでに2週間以上経ちました。

 

 

年末から完全にオフモードに入り、そのままお正月。

 

 

実家に帰っていたのですが、もう一年分くらいダラダラと過ごしました。

 

 

けど、帰省中に1つだけ、自分でもよくやったなーって思うことがありました。

 

 

 

それは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「神社詣り」です。

 

 

 

 

別に、ここまでためて言うことじゃ無いですね。(笑)

ごめんなさい。

 

 

 

 

けど、ほんとに結構、神社まわったんですよ。

 

 

 

その数なんと、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7社!

 

 

 

 

これも別にもったいぶる必要なかったですね!

 

 

変なノリはこの辺で置いといて、本題です。

 

 

今回参拝した神社の中で、福岡と言えばここだ!っていう神社に行きました。

(※僕、福岡県出身です)

 

 

実は、ずっと福岡に住んでいたのに、行ったこと無かったんですね。

 

 

その神社とは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太宰府天満宮」!

 

 

 

 

 

また使っちゃいました。

 

 

 

太宰府天満宮って福岡県内だけじゃ無く、全国的にも有名ですよね。

 

 

そこに、ようやく行くことができました。

 

 

 

行ってみた感想なんですが、

 

 

本殿へいくまでの、参道がめっちゃ楽しかったです。

 

 

道の脇には、お土産屋さんやカフェが所狭しと立ち並んでいて、参拝者の方で賑わっていました。

 

 

特に、太宰府名物の「梅ヶ枝餅」のお店は何軒もあって、

 

 

大行列の梅ヶ枝餅屋さんもいくつかあって。

 

 

 

行列ができてる所はやっぱりおいしいんですかね〜〜

 

(おすすめの梅ヶ枝餅屋さん知ってたら教えてください!)

 

 

 

 

まあ、ぼくは全く並んでいないお店梅ヶ枝餅を買ったんですけど。

 

 

 

 

それでも、普通においしかったです。あんこが甘すぎず、皮はもちっとしていて、ぺろりと食べちゃいました。

 

 

 

あと、参道には木がたくさん組み合わさった外観のスターバックスがありました。

 

 

 

国立競技場の屋根みたいで、でもこぢんまりとした佇まいで、なんか可愛らしかったです。

 

 

 

 

そんな感じで、まったりしながら本殿へ向かっていけて、楽しかったです。

 

 

 

太宰府天満宮で、おみくじ引けたし、しっかりお願いできたので、

 

 

 

 

 

2020年も、楽しく充実した年になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

最後になりましたが、

 

 

 

 

 

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

あ、「Shun`s blog」もです!!

 

 

 

 

そして、皆さんにとっても良い1年になりますように!

 

 

 

 

では~!

 

 

(2枚だけですが、写真も!)

f:id:animalbaseball:20200117013746j:image
f:id:animalbaseball:20200117013750j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年シーズン最終戦 

先日、2019年最後の草野球の試合がありました。

 

野球はあまり冬に行うスポーツではないのですが、草野球には夏も冬も関係ありません。

 

ただ野球が好きな人たちが、野球をする為に集うものです。

 

しかし、2019年の試合は最後でした。

 

草野球は、野球好きが楽しむものですが、勝ち負けにはとことんこだわります。

 

そんなこんなで最終戦。有終の美を飾りたいじゃないですか。みんないつも以上に気合が入ってました。

 

僕はというと、気合はもちろんバッチリでしたが、2ヶ月ぶりくらいの野球で、風邪気味で身体的なコンディションはなかなか悪かったです。(笑)

 

そして、まあがんばりました。

 

結果は、8-3で勝ちました!

 

 

相手の投手は左の技巧派。真っ直ぐの制球もよく、特に外へシュッと逃げるスライダーが良かったです。(こういう投手は昔から苦手です。)

 

 

僕たちのチームは、このピッチャーに中盤まで押さえ込まれ、単調な攻撃を繰り返していました。

 

(僕も4打数1安打で、最初の3打席は三振、三振、投手飛でした笑)

 

 

けど、野球って面白いスポーツで、守備からリズムを作ること、流れを変えることができるんです。

 

今回のゲームはまさにその典型例でした。

 

先程相手投手に押さえ込まれてきたと、書きましたが、序盤になんとかチャンスを作って先制してました。

 

しかしその後は全くヒットも出ず、フォアボールも与えてくれない状況でした。

 

そんな中、中盤になって相手の攻撃。連打やこちらのミスでランナーを貯めてしまい、同点まで追いつかれ、なおもピンチで勝ち越されてしまう!みたいな場面でした。

 

そんな時に、なんと僕の守ってたショートにゆるいゴロが。サードランナーは相手チームでは1番くらいに足が速い選手。打球が転がった瞬間に迷わずホームにスタートを切っているのが、横で見えていました。

 

ミスなく捌いても、かなり微妙なタイミング。けれど、ここで勝ち越しを許すと流れは完全に向こうへいってしまう。

 

そう思って、思い切ってホームへ送球しました。球の握り換え、送球する所、少しのミスも許されない状況でのプレーは、現役時代さながらな緊張感と高揚感がありました。

 

結果は、

 

 

ホームアウト!

 

 

何とか勝ち越しを防ぐことができました。

 

 

自分で言うのもなんですが、このプレーが流れを変えた瞬間だと思います。

 

 

次の打者も凡打に打ち取り、攻守交代。

 

 

守り切った僕たちのチームの雰囲気は、イケイケムード。今思うとその時点でゲームはほぼ決まっていたと思います。

 

 

そこから自チームの攻撃は6連打、内ホームランも含む内容で、一挙に5点を取りました。

 

 

 

 

 

2019年最終戦を、このようにスリルのある試合展開、劇的な勝利で終えれたことはとても気持ち良かったです。

 

 

 

 

それで、補足というか追記というかなんですが

 

 

 

この試合で、小中高大と同じ学校で、共に中高で同じ野球部でやってきた友達とアベックホームランを打ちました。

 

 

 

 

今までの野球人生で初めてです。

 

 

 

 

 

 

 

試合後のグランウドには、爽やかで懐かしい風が吹いていました。

 

 

 

 

なんてね笑

 

 

深夜にひっそりと観たくなる、心温まるレトロな味

深夜0時〜7時の間だけ営業しています。新宿ゴールデン街にひっそりと佇む飯屋。お客さんからは「深夜食堂」なんて言われているそうです。

 

 

 

ということで今回は、「深夜食堂」を紹介したいと思います。

 

 

 

とか言ってますけど、実はこのご飯屋さんは実在するお店ではなくて、ドラマのタイトルになります。

 

 

 

それでは、紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

深夜食堂

 

原作は安倍夜郎さん。小学館ビックコミックオリジナルで連載が始まります。2009年に初めてドラマ化されて以降シリーズ化されました。映画化されたり、韓国や中国でのリメイク版が制作されるなど、日本だけでなく世界で注目されている作品です。

 

 

 

ドラマは3シーズンあり各シーズン10話です。また1話が20数分なので、寝る前のちょっとした時間で視聴可能ですし、ほぼ1話完結型なので、イッキ見してしまう心配もありません。落ち着いた、ゆっくりとした空間が包んでくれます。笑

 

 

ドラマの主演は、飯屋のマスターを演じる小林薫さん。大人の落ち着き、寡黙ながらもお客さんを楽しませる人柄がとてもマッチしています。

 

 

そして、そんなマスターの元に訪れる個性あふれる常連客。どこかいじっぱりで、ひねくれて、変わり者。だけど正直で、素直で、まっすぐなお客さんです。

 

 

マスターとお客さん。その互いが織りなす賑やかで温かい空間は、仕事で疲れた現代人を癒してくれること間違いなしです。

 

 

毎話、マスターがお客さんに出す料理が変わり、その料理がタイトルになっているので、分かりやすいし、観る人を飽きさせません。

 

 

しかも出てくる料理が、実家の手料理って感じで懐かしいんですよね。夜中に見て欲しいんですけど、これ観るとお腹空いちゃいます。飯テロというやつです。

 

 

1番最初のお話のタイトルなんか「赤いウインナーと卵焼き」です。観なくても分かる、美味しいやつやん。です。

 

 

視聴者によって味が変わる。だって卵焼きって各家庭によって味が違いますよね。この観る人に解釈する余地を与える、自由な想像を任せるって事は、コンテンツを作る上でとても大切だな〜なんて思います。

 

 

 

それと、この「深夜食堂」は昭和の雰囲気で充満しています。これこそレトロってやつなのかー、って思いました。なんというか、今のドラマとかには無い、ちょっとした違和感とかぎこちなさがあるんですよ。

 

 

大袈裟かと思うかもしれませんが、この作品を通じてタイムトラベルしてる感覚です。

 

 

知っている方ならよく伝わると思うんですけど、クレヨンしんちゃんの映画「モーレツ大人帝国」を観るときに感じるあの感覚に近いです。

 

 

ぼくも仕事終わって、どこかふらっと立ち寄れるこんな飯屋があったら良いなと思いました。

 

 

 

 

 

ゴールデン街とかいいですよねぇ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかこの記事書いていたら、「深夜食堂」に行き(観)たくなったので、今回はこの辺で失礼します。

 

 

 

 

 

 

みなさんも行って(観て)は如何でしょうか。