shun's blog

日常をゆるく綴っています。特に読書/映画/野球/旅が好きです。

本 密室殺人ゲーム2.0

今回読んだ本は、歌野晶午さんの「密室殺人ゲーム2.0」です。


この小説は、「読者への挑戦」をテーマとした本格ミステリではなくて、作者の凝ったトリックを楽しむという感じの作品です。


そして、それは犯人を追求するフーダニットではなく、犯人の動機を軸にしたホワイダニットでもないです。ハウダニットに重点を置くことで、高い質のトリックを読者に提供してくれます。


本作では、5人の主な登場人物がいて、その5人が自ら殺人を行い、その推理を他の4人が行うという構造である為、短編小説の要素もありました。


ミステリ小説の中でも、特に緻密なトリック性を持つ作品が好きな方は、かなりハマる小説だと思います!