shun's blog

日常をゆるく綴っています。特に読書/映画/野球/旅が好きです。

映画 世界一キライなあなたに

最近は、海外の恋愛作品をよく観てる気がします。そんな中での本作。感想を一言でいうなら、「切なさと希望のデュエット」です。すみません、カッコつけすぎて意味がわからないし、抽象的すぎました。笑


この映画では、バイクの事故によって脊髄を損傷し、四股麻痺になってしまった男性と、その男性の介護のために雇われた明るい、優しい心を持った女性の物語です。


事故前は、仕事に勤しみ、遊びを全力でたのしみ、順風満帆な人生を送っていた男性が、四股麻痺となり、以前の自分とのギャップに苦しみ生きています。何もできない自分を嫌悪し、周りの環境を否定するそんな生活でした。その絶望を、介護士の女性の暖かい愛情が、徐々に溶かしていきます。


しかし、男性は女性が介護士のに来る前に決めていたことがありました。それは、このような地獄の生活から解放されるために、自ら命を絶つということでした。


女性との出会いで、希望が見え、また楽しいと思える生活を取り戻しつつあった男性ですが、この決心は揺らぎませんでした。幸せになればなるほど、今の自分の現状を辛く感じてしまう矛盾に悩まされます。


女性も、必死の思いで男性の決意を変えようとしますが、最後は男性の事を思い、彼の決意を尊重します。


男性は、介護をしてくれた女性のことを思い命を絶ち、女性は、男性の本当の幸せを思いそれを見届ける。


切ないけれど、それは希望・幸せへと決断だったのです。相手の事を、心から思った二人の決断と、それを見守った両者の家族。愛の深さを感じずにはいられません。


まさに、「切なさと希望のデュエット」だと思いました。