shun's blog

日常をゆるく綴っています。特に読書/映画/野球/旅が好きです。

何のために働く?

先日、バイト先のパートのおじさんと飲みに行きました。

 

 

そのパートの方は、20年ほど前ネパールから日本に出てきてそれ以来ずっと日本で働いています。

 

 

僕が仕事に入るとき、いつも優しい笑顔で挨拶をしてくれますし、仕事中もちょくちょく声をかけてくれて、バイトのみんなを和ませてくれるとても紳士的な方です。

 

 

僕は彼にジェントルマン精神をよく教わっています。当たり前のようでなかなか実践できない些細なこと。だけど人とのコミュニケーションにおいてはとても大切なことです。

 

 

そんな彼が、バイト終わりに今日は飲みに行こうぜ!みたいなノリで珍しく誘ってきてくれました。

 

 

普段はあまり誘ってこないし、奥さんもいるのでバイト終わりは少し話して帰る彼ですが、この日はなぜか帰りませんでした。

 

 

どうしてなのかと思ってると、奥さんと少し喧嘩してるらしくて家に帰りたくないってことでした。

 

 

そういうことならと覚悟を決めて六本木へ。

他に社員さんもきて三人で飲みに行きました。

 

 

酔いも回ってきて、どうして奥さんと喧嘩したのか聞くと、

 

 

 

「お金」

 

 

が原因でした。

 

 

 

そもそも、ネパールから出てきて日本でより効率よくお金を稼ぐためにきた彼です。

 

 

 

いつも彼のそばには「お金」があったのだと思いますし、日本で食べ物に困ることのない程度の生活をずっとしていた僕よりも、お金に対しての思いは確実に強いと思います。

 

 

 

ここではそのお金に関する内容を具体的には書かないけど、簡単にいうとお金がなかなか貯まらずに選択肢が増えず、視野がなかなか広がらないというものでした。

 

 

 

自国では満足にお金が得られずに、自分の家族に少しでも良い生活をしてもらうために、他の国へお金を稼ぎに行く、ということは日本人にとってはあまり現実的な話だと思わない人が多いのかなぁとおもいます。

 

(僕も出稼ぎに海外へ行こうって思ったことないですし。)

 

 

 

少し話がそれましたが、この相談をされて僕も本気で真剣に考えました。

 

 

 

「国籍も日本じゃないなら正社員になれないのだろうか?」

 

「お金がたまらないのであれば今の仕事で収入を上げるか、新しくビジネスをやるべきなのか?」

 

「同じ境遇で日本へ来る外国人に向けた情報を、YouTubeやブログで発信して稼ぐことはできないだろうか?」

 

 

 

などいつくかのアイデアを提供しましたが、今の彼にとってはあまり現実的な提案ではなかったようでした。

 

 

 

なにか解決策を一緒に考えたい!と思ったけれど、そう簡単なものじゃありません。

 

 

そして、彼から出稼ぎ労働者の実態を教えてくれました。

 

 

 

現在日本では多くの外国人のアルバイトを見かけます。しかし、その多くは日本人の人手不足の分野における人的補助で、日本人が嫌がる仕事や時給の高くない仕事がほとんどです。

 

 

 

この話を聞いて、彼らの日本で少しでも多くのお金を稼いで自国の家族に良い暮らしを!と考えている想いを上手く使って、日本は人手不足の対策を図っているように思いました。

 

 

 

お金のために働くというのも立派な動機ではあると思うけど、そのような考えに至らざるをえない出稼ぎにきた人たちに、その動機をいいことに低待遇の条件で労使関係を持つことは、僕はなんか嫌です。

 

 

 

日本にきた海外の人に日本って凄く楽しい!働いてお金も稼げるし、実力次第でもっともっと成り上がれる!趣味に打ち込める!休みの日に遊びに行ける友達がたくさんできた!みたいな気持ちになってほしいなーって思います。

 

 

 

まあ、とても難しいことなのは何となくわかります。けど、こんな社会になったら、僕らも楽しいだろうなって思います。

 

 

 

本当の意味でのグローバル社会。これからますます日本には多くの人が集まってくると思います。

 

 

 

だから、みんなが笑って泣いて感動してはしゃぎあえる世の中にする為に、どうすればいいかを考える。

 

 

 

何のために働き、何のために生きるのか。1度しかない人生(時間)は、お金では買えない。

 

 

 

今を、人生のこの時間を、楽しむには何をすれば良いのか。

 

 

 

僕は心を揺さぶるコンテンツを通じて、世界中の人が本当の意味で "楽しく生きる" を実現する手助けをしたいなぁって思います!

 

 

 

みなさん、

何か良い案ありませんか?