shun's blog

日常をゆるく綴っています。特に読書/映画/野球/旅が好きです。

令和、初めての夏

今週のお題「夏を振り返る」

 

今回は、久しぶりに「今週のお題」を書こうと思います。

 

 

もう、9月ですね...

 

 

夏が、静かに、でも確かに離れて行く、そんな季節です。

 

 

個人的には今年の夏は、短かかったなと思います。梅雨が長かったのもありますし、充実して時の流れが早かったと感じるのもあります。

 

 

 

振り返ってみると、映画やドラマや本に触れている時間が長かったと思います。

 

 

 

そして、福岡にも行きました。僕の故郷です。

 

 

お盆は毎年帰省するのですが、毎年帰るたびに、福岡の町が、地元の友達が、そして家族が、みんな少しずつ変化しているのを感じます。

 

 

それは、どこか切なさもあり、嬉しさもあります。

 

 

 

生まれ育った場所を離れて生活すると、それまでは見えてこなかった、見えずらかったものが見えてくる感覚があります。

 

 

 

町の匂いや家の匂い、地元の人ならではの雰囲気。家族への思い。

 

 

 

言葉では表現できない、哀愁というか甘美というか。

 

 

 

けど、居心地はすごく良くて、自分がダメになりそうなくらい落ち着くんですよね。笑

 

 

 

その地の空気感って本当に違うなって、どこかへ行くたびに思います。

 

 

 

そういうのを感じる感性って人間独特のもので、人間でよかったなぁーなんて思ったりもします。笑

 

 

 

映画、ドラマ、本の世界に浸る時も、この空気感の違いに触れることが出来るような気がします。

 

 

 

こう思うと、この令和元年の夏は、いろんな時空の異なる世界に行ってたから、充実してたって言えるのかもしれませんね。笑

 

 

 

 

 

 

まあ、そういうことで、僕はまだ夏の休みが少しばかりあるので、物理的に、精神的に、いろんな体験をできたら良いなぁって、楽観的に考えています!

 

 

 

けど、とりあえず、区切りとして言いたい!

 

 

夏、ありがとう!!