shun's blog

日常をゆるく綴っています。特に読書/映画/野球/旅が好きです。

映画 ビューティフル・マインド

今日は、2001年に公開された映画、「ビューティフル・マインド」を観ました。


※内容のネタバレあります。すみません。


天才的な頭脳を持つが、実は統合失調症を患う主人公のジョン・ナッシュ


統合失調症により、幻覚が見えているがそれを現実と思い続けて生きていく。


幻覚に出てくる人に依頼されて、諜報機関の一員として活動していると思いこんでいた。


しかしある日、精神科医によって精神病院へ連れていかれ、自分が統合失調症だと初めて言われ、困惑する。その時、結婚していた妻も衝撃を受ける。


今まで、現実と思っていたものが非現実のもので、存在していないと分かった時の絶望的な苦しみに、私生活は一変して、抜け殻のようになってしまう。


しかし、そんなジョンを妻の献身的で、愛の深い支えによって、彼もまた新たなスタートを切り出す。


再スタートを切ったが、幻覚に悩まされすぐには、世間に馴染むことができなかったが、そこでも妻の圧倒的な愛情と大学時代の友人のサポートもあり、徐々に周りと打ち解けていく。


そして、そのまま時が経ち、彼の学説は世界的に注目され、ノーベル賞を受賞する。という内容です。



この作品では、主人公を演じるラッセルクロウの迫真の演技に圧倒されます。統合失調症を患う天才という、難しい役どころを見事に演じ切っていて、物語に引き込まれます。


また、主人公を献身的に支え続けた妻の愛は、観る人に多くの感動を与えてくれます。

夫婦で共に困難を乗り越えて、最期には最高の形で結果が実り、勇気と希望に満ち溢れた作品です。


特に、エンディングのノーベル賞受賞のスピーチは短いながらもとても深い内容で、妻への愛に対する感謝が述べられて、とても印象に残りました。


とても、心を揺さぶられる映画でした。