shun's blog

日常をゆるく綴っています。特に読書/映画/野球/旅が好きです。

本 「また、必ず会おう」と誰もが言った。

今回読んだ本のタイトルは、


「また、必ず会おう」と誰もが言った。


作者は、喜多川泰さんです。


あらすじは、熊本の高校生が、自分のメンツを守るためについたひょんな嘘から、東京へ行かなければならなくなります。しかし、帰りの飛行機に乗り遅れ、帰れなくなったところからこの物語は急加速します。


多くの人との出会いが、この高校生の考えを変えて行き、多くの人の支えを受けてようやく熊本に帰ることができます。


旅先で出会う様々な人達の教えや考えは、見ている僕たちの心にも、鋭く刺さってきます。


僕たちに、人生を歩む上で本当に大切なものを思い出させてくれる、ほんのすこし背中を押してくれる、ほっこりとさせてくれる、そのような本です。



若い人からお年寄りまで、全ての世代の人々の心に響く、人生とは何かという命題に対して、考えるきっかけを与えてくれる作品です。



是非読んでみてください!